<赤ちゃん〜小さい子供レベル>Kindle Unlimitedで読める英語の洋書絵本

Ben Loves Bear

先日、絵本から多読を始めるという記事を書きました。
「大人向けペーパーバックのやさしいものを辞書なしで読める力」をゴールに100万語読む、というメソッドに挑戦しています。

快読100万語
この本を参考にしています

二度と英語の勉強を「やり直し」しなくて済むよう、基本からしっかりやろう!と決めて、本当に簡単な絵本からスタートすることにしました。

今日はKindle Unlimitedで読める超簡単、赤ちゃん向けの英語絵本をまとめます。お子さんがいる方は一緒に読んでみても良いかもしれないですね!私も息子と読みました。

超初級・赤ちゃん向けの英語洋書絵本(100語レベル)

Ben Loves Bear

Ben Loves Bear
Ben Loves Bear amazon商品ページ

「Ben loves Bear, Bear loves Ben」から始まる、Benとくまのぬいぐるみ(Bear)の1日を描いた絵本です。
見開き2ページに、単純なセンテンスが2〜3文しかありません。本当に簡単な絵本です。

完全に赤ちゃん〜子供向けの絵本ですが、結構いろんな気付きがあってたのしい!
そして絵のおかげで、辞書なしでも何が書いてあるかがほぼ推測できます。

例えば、

絵と文章の組み合わせで、「二人はかくれんぼをしている。クマが隠れていて、ベンが探している」と推測できますよね。
さらに、「かくれんぼするって、play hide-and-seekっていうんだ〜」と新しい表現を学ぶことができます。結構新しい発見がたくさんありました!

Benとクマのぬいぐるみとの交流にほっこりします。最初は「勉強とはいえ、赤ちゃん向けの絵本を読むなんてなんだか気が乗らないな…」とグズグズしていた私でしたが、この絵本に心が癒されて、英語絵本の読書に火がついてしまいました。笑

最初の一冊におすすめ!

Bella Loves Bunny

Bella Loves Bunny
Bella Loves Bunny amazon商品ページ

「Ben Loves Bear」の女の子バージョンです。
内容も、女の子のBellaがうさぎのぬいぐるみにお花の香りを嗅がせてあげたり、ちゃんと女の子向けにかかれています。
Benバージョンと共におすすめです。

Vegetables in Underwear

Vegetables in Underwear
Vegetables in Underwear amazon商品ページ

いろんな種類の下着(パンツ)を履いた、いろんなお野菜が次々と登場する絵本。
(と言うとシュールですね、私の説明が下手です笑)

野菜の名前と、やさいとパンツを修飾するさまざまな形容詞が絵と共に学べます。
難易度でいうと、先に紹介した2冊よりも簡単かもしれません。「英語に免疫ない、でもちょっとできるようになりたい」という超初心者の方におすすめかな、と感じました。

I Can Do It Myself!

I Can Do It Myself!
I Can Do It Myself! amazon商品ページ

3〜4歳くらいの女の子が主人公。英語の難易度は先の3冊よりも少しだけ上がる印象です。
これもやはり1日の生活が綴られているので、日々の生活で使う生の英語を知ることができます。

「If I’m feeling stuffy, I blow my own nose. (鼻が詰まっていても、自分で噛める)」

例えばこの一文だけでも、「現在進行形で表現するんだな〜」「鼻がつまるって、そういえばstuffyだったな」「鼻を噛む、って blow one’s own nose なんだな」と3つも気付きがあります。

I Know a Lot!

I Know a Lot!
I Know a Lot! amazon紹介ページ

一冊前の「I Can Do It Myself!」と同じシリーズ。
I can do it myselfが「自分でできるよ!」なら、I know a lot!「私、いろんなこと知ってるんだよ!」って感じかな?どちらも子供が良く言いますよね。万国共通ですね。笑

英語のレベルは「I Can Do It Myself!」と同程度。合わせて読めると思います。

Tyrannosaurus Wrecks!

Tyrannosaurus Wrecks!
Tyrannosaurus Wrecks! amazon商品ページ

英語の難易度は「Vegetables in Underwear」とあまり変わらない気がしますが、恐竜の名前がたくさん出てくる分、とっつきにくい印象があるかもしれません。

恐竜好きの男の子と一緒に、「この恐竜はなにかな?」「何をしてるのかな〜」などとお話しながら読むと楽しいかもしれないです。

洋書の多読にKindle Unlimitedはかなりおすすめ!

洋書を多読する際の問題のひとつに、「どこで洋書を入手するか?」という点があります。
もちろんどんどん購入できれば良いのですが、なにせ100万語を目指すので、すべて購入するのはなかなか大変。
ましてや、赤ちゃん向けの本に一冊1000円以上かけるのはちょっと抵抗があります。笑

その点、Kindle Unlimitedはかなりおすすめできそうです!今までは和書しか利用していませんでしたが、調べてみると洋書のラインナップもなかなか揃っています。

私もまだ多読を始めたばかり。今後どんどん進めて、リサーチ結果をここでシェアしたいと思います。この記事も随時アップデートしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA